宅地建物取引士

【宅建に大学生が合格すると就活に有利!】合格方法など詳しく解説します

【大学生が宅建の試験に合格したら就活に有利か?】答えは「とても有利です!」 不動産業で25年間、とても多くの人の採用や育成に関わってきました。宅建の試験は簡単には合格できないので、試験に合格すれば様々な会社に多くの事をアピールできます。
不動産の仕事

【不動産業界はやめとけ】「本当にやばい理由」を業界25年の経験者が詳しく解説します

不動産業界には良い会社もありますが、信じられないほど「やばい会社」も多くあります。違法行為を平気でする会社も多くあります。「やばい会社を見分ける方法」「やばい会社に入らないで済む方法」「やばい会社に入ってしまった時にやること」を解説します。
宅地建物取引士

【宅建の登録講習・5問免除とは?】概要と修了試験に落ちる人の特徴

不動産の仕事をしている人が宅建試験を受ける場合には「5問免除」というものがあります。最後の修了試験に落ちてしまう人もいるので、しっかり内容を確認して5問免除の登録講習を受けましょう。
宅地建物取引士

【日建学院の宅建講座】に通っても落ちた人が「宅建に受かる方法」を解説

日建学院の宅建講座に通っても試験に合格できなかった私が合格した方法です。合格したからわかることですが、宅建の試験は誰でも合格が出来ますが、合格するための正しい勉強方法を継続することが難しいです。何年も勉強するのは時間もお金ももったいないので、しっかり勉強して今年合格しましょう!
不動産の仕事

【不動産の仕入営業】難しいですよね【買える方法やコツ】お教えします!

不動産の仕入営業って本当に難しいですよね。不動産業歴25年、仲介と仕入と販売を合わせて2000件以上の取引をしました。不動産の仕入営業が出来るようになる方法とコツをお教えします。不動産の仕入営業が出来るようになると将来が開けます!
宅地建物取引士

【2023年】宅地建物取引士試験に独学で合格できない人が受かる方法

宅地建物取引士の試験に独学で合格できなかった私が合格した方法です。正しい勉強方法で、合格までに必要な勉強時間を確保することが大切です。「人気のある国家資格」で、合格率が15%~17%程度、毎年3万人~4万人弱しか合格しません。
宅地建物取引士

『宅建に合格した後の登録手続きってめんどくさい?」わかりやすく解説します

宅建の試験に合格しただけでは「宅地建物取引士」ではありません。宅建試験に合格したあと「宅地建物取引士」になる手続きには、時間もお金もかかります。最短でも2ヶ月で約4万円くらい。人によっては4ヶ月で約7万円くらいもかかる場合があります。宅建が必要な仕事をしないなら登録はしなくても大丈夫です。
宅地建物取引士

【宅建の登録】に必要な書類「身分証明書」「登記されてないことの証明書」を取るのはめんどくさい?

宅建の試験に合格した後に「宅地建物取引士」になるには『登録』が必要です。登録をするときに「身分証明書」と「登記されてないことの証明書」という聞きなれない書類が必要になります。それぞれの書類の意味や取得方法をわかりやすく解説します。
不動産の仕事

【 宅地建物取引士(宅建士)】とは 概要と仕事と試験の内容

不動産会社(宅地建物取引業者)で働く人には必要な資格ですが、具体的に何をするための資格なのか。 宅地建物取引士の概要と、宅地建物取引士の試験について、宅地建物取引士になるための方法を解説します。
キャリアプラン

【成功しやすい転職の方法】と【おすすめのエージェント会社10選】

転職をするつもりがなくてもエージェントに登録をすることをおススメします。「キャリアカウンセリング」や「適職診断」も受けられます。 不動産業界に就職や転職を考えられている方。すでに不動産業界で仕事をしていて、将来について考えている方。 このような方がエージェントに登録をするべき理由を、多くの人を採用した経験からお伝えします。
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました