【宅建に落ちる人の特徴13選】4回落ちてから合格した私が「合格する方法」を教えます

【宅建に落ちる人の特徴13選】4回落ちてから合格した私が「合格する方法」を教えます宅地建物取引士
宅地建物取引士不動産の仕事に役立つ資格

 

こんにちは。 運営者の「ワカケン」です。

 

・勉強したのに宅建の試験に落ちた
・宅建に受かる気がしない
・落ちた原因を知りたい
・落ちる人の特徴を知りたい
・受かるためにやることが知りたい

 

ワカケン
ワカケン

私は宅建の試験に4回落ちてから合格しました
落ちる人の特徴や理由、合格する方法がよくわかります。

 

宅建の試験に合格する1番のメリットは、「もう宅建の試験勉強をしなくて良いこと」です!
受からないことはやめて、受かる方法で勉強して1発合格しちゃいましょう!

 

つぎの記事のあわせてご覧ください。

【宅建の試験に合格する】 勉強方法と計画、スケジュールを解説します

【 宅地建物取引士(宅建士)試験に独学で合格できない人が受かる方法 】

【日建学院の宅建講座】に通っても落ちた人が「宅建に受かる方法」を解説

 

 

・宅建の試験は誰でも合格できます
・宅建の試験は20万人以上が受験して4万人も受かりません

・宅建の試験は間違った勉強方法では受かりません

 

【宅建に落ちる人の特徴13選】
4回落ちてから合格した私が「合格する方法」を教えます

 

【この記事を読むとわかること】

・宅建の試験に落ちる人の特徴
・なかなか合格できない人がやりがちなこと
・合格するための勉強方法

 

ワカケン
ワカケン

宅建の合格は本当に大変です。
正しく勉強して一回で合格しちゃいましょう!

 

>> フォーサイト 高い合格率を誇る宅建通信講座の秘密とは? 

>> スタディング 宅建士講座 

>> 令和3年度の合格率43.7%(全国平均の2.47倍)アガルートアカデミー 

>> スマホで完結するWEB通信講座『スタケン宅建講座』 

 

 

宅建の試験に「落ちる人の特徴」「受からない原因」13選

 

ワカケン
ワカケン

自分が落ち続けてた時も「まさにこれらが原因」でした。
これらを変えれば絶対に受かりますよ!

 

 

ぜったいに合格すると決めてない

 

私が落ち続けてた時は「今年は受かりたいな~」「合格したいな~」と思って試験を受けてました。

精神論みたいになっちゃいますが、本当に最重要だと思います。

合格する人たちは「今年ぜったいに合格する」とはじめから決めてますね。

10年以上前までなら「なんとなく合格した」もありましたが、今は試験が難しくなってるので「まぐれ合格」はなくなりましたね。

ワカケン
ワカケン

たったの半年間だけ宅建の勉強を優先するだけです。
合格してしまえば勉強から解放されますよ!

 

勉強できない言い訳ばかりする

 

私も落ちてた時にはずっと何かの言い訳をしてました。。。

・今日は疲れた
・忙しい
・眠い
・飲み会、付き合いが
・テレビ
・ゲーム

なんと誘惑の多いことでしょう・・・

ワカケン
ワカケン

たった半年間の我慢です。
合格しちゃえばもう勉強しなくてすみますよ

 

合格する勉強時間を知らない

 

私も合格するまで「どのくらいの勉強をすれば受かるか」を知りませんでした。

今の宅建試験で合格するまでの勉強量の目安です。

最低でも300時間の勉強

・毎日2時間なら150日間
・毎日3時間なら100日間

このくらいの勉強時間が目安ですが、これはあくまでも「正しい勉強方法」での場合です。

合格できない勉強方法では、この時間でも受からないですね。。。

3000問を解く

・本試験50問の過去問題  ×  5年  ×  5回  = 1250問

・模試や予想問題を約2000問

復習の上手な人ならこんなにやらなくても受かりますが、そうじゃない人はこのくらいやると40点くらい取れて受かります。

ワカケン
ワカケン

私は勉強が苦手なのでこのくらい問題をやりました。

 

勉強する時間を決めてない

 

・毎日すこしでも勉強する
・毎日決まった時間に勉強してルーティン化する

とても大切な事です。

 

ワカケン
ワカケン

2日3日勉強しないだけですぐ忘れちゃうし、
毎日「すこしでも勉強する」「10問だけでも解く」「30分だけ集中して動画を見る」などが大切ですね。

 

合格する勉強方法をしらない

 

毎年20万人以上も受けて、たったの3万人程度しか合格しない試験です。
落ち続ける人の多くが「合格する勉強方法」を知らないですね。

・テキストを読むだけ
・ユーチューブなどの動画を見るだけ
・問題を少ししか解いてない

これだと本当に受かりません。

 

勉強の計画を立ててない

 

宅建の試験勉強は同じペースでは勉強しなくて、時期によって変わります。
それぞれの時期に分けて「やること」を変えます。

・専門用語になれる期間、問題になれる期間(1~2か月)
・記憶を定着される・覚える期間(1~2か月)
・最後の追い込み期間(1か月)

 

 

宅建の試験が50問だと思ってる

 

宅建の試験問題はつぎの内訳で出ます。

・「宅建業法」20問
・「民法(権利関係)」14問
・「法令上の制限」8問
・「税・その他」 8問

 

ワカケン
ワカケン

本試験は4肢択一で出題されますが、「正解はいくつあるか?」という問題もあるので、実際には50問×4肢の200問もあるんですよね。

宅建の試験が難しい理由はこれだと思います。

 

専門用語や過去問題で挫折してる

 

まえにも書いた「専門用語になれる期間、問題になれる期間(1~2か月)」が最初にありますが、ほとんどの人がここで挫折してますね。

 

ワカケン
ワカケン

私も落ちてたときにはここで勉強をやめてました。
大変ですが、ここを超えると「合格する確率がグッとあがります!」

 

はじめの1か月くらいは焦ってもしょうがないので、じっくり宅建の勉強に慣れましょう。

・過去問題 5年分を3回やってからがスタート
・5回くらいやると、どの過去問題でも40点以上取れるようになります

 

過去問題だけをやってる

 

「専門用語になれる期間、問題になれる期間(1~2か月)」に過去問題をやることは必須ですが、本試験では新しい問題も出るので、過去問題だけをやっていると受かりません。

ワカケン
ワカケン

過去問題をたくさんやって38点以上取れるようになると「受かる気」になるんですよね。
予想問題集や模試も必要です。

 

 

得意な科目を伸ばしてない

 

宅建の勉強をある程度すると、「得意な科目」「苦手な科目」が出てきます。

得意な科目は満点も目指せます!

 

ワカケン
ワカケン

私は、「民法」と「税その他」が得意でしっかり点を稼ぎ、苦手な「業法」と「法令制限」は半分くらいで合格しましたよ。

 

苦手な科目ばかり勉強してる

 

苦手な科目は勉強もすすみにくくて、個人差はありますが覚えも悪いと思います。

個人的には「苦手な科目は半分くらい正解できれば良いのでは」と思います。

私自身がそれくらいで合格しました。

 

問題をたくさん解いてない・記憶を定着させてない

 

これはすごく多いと思います。

テキストを読んで勉強したり、動画をたくさん見て勉強しますね。
でもそれでは意味がわかっただけで、実際の試験問題では正解できません。

実際の試験問題は「どくとくな言い回しや表現」で出題がされます。

 

ワカケン
ワカケン

テキストも、過去問題も、予想問題も、すべて覚えるくらいまで繰り返して記憶に定着させると合格できます!

 

最後の追い込みをしてない

 

ワカケン
ワカケン

私が宅建に合格したのは2004年・合格点が32点の年に、35点で合格しました。
試験が難しく合格点が低いと言われた年です。

 

日建学院のスーパー本科コースに通い、8月のお盆前には過去問題で毎回40点以上とれてました。

お盆休みに少し気が緩み、8月末の公開模試では30点前半でとても焦ったのを覚えてます。

9月から焦って予想問題をやり始めましたが、ぜんぜん正解ができませんでした。

過去問題と答えと内容を覚えていただけで、見たことがない問題を正解する力がついてなかったんですね。

 

・最後の1ヶ月間の追い込みがとても重要
・ここですごく点数が上がり、記憶に定着する
・問題を解くスピードも上がる
・見たことがない問題でも正解できる

 

ワカケン
ワカケン

宅建の合格は本当に大変です。
正しく勉強して一回で合格しちゃいましょう!

 

 

宅建の合格率をあげる【 人気の通信講座 5選 】

宅建の試験はしっかり自己管理ができる人なら「独学」でも合格できますが、自信がない人は学校に通ったり、通信教育で勉強するのがおススメです。

合格する確率は格段に上がりますよ!

 

フォーサイト

画像出典:【フォーサイト】高い合格率を誇る宅建通信講座の秘密とは? 

フォーサイトの合格率は82% 全国平均合格率の4.63倍です!

宅建試験の合格までには、一般的に6か月程度の学習期間が必要と言われていますが、フォーサイトの宅建講座なら3か月で合格されている方もいます。

バリューセット3は【 全額返金保証制度 】が適用されます。

詳細はこちら

 

スタディング

スタディング 宅建士講座 

【時間がなくてもOK】スマホ・PC・タブレットで学べるため、日々忙しく勉強時間の取りづらい  社会人・主婦・学生などの方に向いています。

低価格で経済的負担も少ないです。

【見やすく分かりやすい】授業風景を録画しただけなのではなく、映像講座として  専用のフォーマットで編集された講座は、視覚的で理解しやすいと好評です。

詳細はこちら

 

アガルートアカデミー


画像出典:【アガルート】宅建士講座・ゼロから始めて1年合格! 

◆アガルートアカデミーが選ばれる理由◆

令和3年度の合格率43.7%(全国平均の2.47倍)

1.多機能な受講システム オンライン講座なので場所、時間問わず、無駄なく受講できます。
・倍速再生(8段階速度調整、かつ最大3倍速)
・音声ファイルのダウンロード可能(ネット環境を気にせず学習可能)
・マルチデバイス(パソコン/スマートフォン/タブレット)対応

2.講師作成のオリジナルテキスト 申込後お手元にテキストが届き、スムーズに学習を開始できます。
内容は講師自ら出題傾向を分析し合格に必要な情報を詰め込みました。

3.通信講座ならではの充実したフォロー Facebookグループによる質問対応、定期カウンセリング、直接指導など、 通信講座でも受験生をしっかりフォローします。

詳細はこちら

 

スタケン宅建講座

スマホで完結するWEB通信講座『スタケン宅建講座』 

スマートWEB通信講座【スタケン宅建講座】(以下、スタケン)は、 スマートフォンで気軽に勉強ができる動画講義型の宅建講座です。

いつでもどこでも気軽に学習に取り組める環境が最短距離での宅建合格をサポート。

しかも、合格者には「講座代金全額返金」の合格特典つきです!

▼講座サンプル https://youtu.be/zl2_uT8hUxI

詳細はこちら

 

資格対策ドットコム


画像出典:資格対策ドットコム 

年間14万人以上で利用されているeラーニングサイト【資格対策ドットコム】

「FP」、「宅建士」等、受験者数が多い人気資格を中心に、eラーニング中心講座を販売しています。
WEB活用による効率化で『低価格+充実の講座内容』を実現しました。

受講中の疑問点については、質問メール受付サービスで充実のサポートを行っており、 丁寧な回答しますので、初心者の方でも難なく問題点を解決、合格へ導きます。

詳細はこちら

 

まとめ

宅建の試験に落ちる人の特徴は、本当にこの13個です。
何度も落ちた私だからわかります。

ワカケン
ワカケン

そんな私でも合格できたので、これらを変えれば合格できます!

 

1.「ぜったいに合格する」と決めよう
2.勉強できない言い訳はしない
3.合格する勉強時間を知ろう
4.毎日勉強する時間を決めよう
5.合格する勉強方法をしろう
6.勉強の計画を立てよう
7.宅建の試験は50問ではなく200問
8.専門用語や過去問題でじっくり慣れよう
9.過去問題だけではなく予想問題も必須
10.得意な科目を伸ばそう
11.苦手な科目はほどほどに
12.記憶をしっかり定着させよう
13.最後の追い込みがとても大事

 

【 宅地建物取引士(宅建士)試験に独学で合格できない人が受かる方法 】

【日建学院の宅建講座】に通っても落ちた人が「宅建に受かる方法」を解説 もご覧ください。

 

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました