【宅建に合格する】宅建業法の勉強方法のコツ「20点満点を目指そう!」

宅地建物取引士
宅地建物取引士不動産の仕事に役立つ資格

 

こんにちは。 運営者の「ワカケン」です。

運営者の「ワカケン」です。 40歳で湘南に移住しました。 不動産、サーフィン、キャンプ、旅が大好きです。 不動産は25年で仲介と買取で2,500件以上の取引をしてます。 サラリーマン、個人事業主、共同創業、売上100億円のベンチャー企業の管理職など色々やりました。 不動産業に就職や転職を考えている方や、不動産に関わる役立つ情報を提供します。

 

宅建の勉強をはじめたけど「宅建業法」ってどうやって勉強すればいいんだろう?

ワカケン
ワカケン

不動産の仕事を25年して、新卒採用を含めてとても多くの人の採用や育成に関わりました。

 

宅建業法は点の取りやすい科目です!

点数がしっかり取れなければ試験に合格することは難しいので、20点満点を目指してしっかり勉強しましょう!

 

宅建業法は例年20問が出題され、ここで点数が取れるかどうかで宅建試験に合格できるかが決まる【最重要な科目】です。

 

「宅建業法の勉強方法のコツ」をすぐに読むには下記のリンクから飛べます。
>>宅建業法の勉強方法のコツ

 

この記事を読むとわかること
✅宅地建物取引業法(宅建業法)問題の特徴
✅宅建業法の勉強方法のコツ
✅宅建業法を勉強するときの注意点
✅宅建業法で毎年出る問題

 

宅建の試験は、正しい勉強方法で一定期間の勉強をすれば「誰でも合格できます!」

 

 

 

>>合格率は全国平均の3.92倍!宅建講座は【フォーサイト】

>>受講者10万人突破!スマホで学べる人気のオンライン資格講座【スタディング】

>>令和3年度の合格率43.7%(全国平均の2.47倍)【アガルートアカデミー】

>> スマホで完結するWEB通信講座【スタケン宅建講座】 

 

 

 

宅地建物取引業法(宅建業法)とは

 

宅地建物取引業法(宅建業法)とは、
宅地建物取引の仕事をする(一般的には不動産会社)場合に、免許制度にして特定の基準を満たしている場合でなければ営めないようにしています。

 

土地や建物など高額な商品を取り扱うので、次の事を規制し「国土交通省」が監督しています。

✅ 宅地建物取引業を営む資格があるか
✅ 消費者を保護する
✅ 公正な取引をしているか
✅ 規制を守らない場合の罰則

 

ワカケン
ワカケン

消費者にとって「安全で公正な不動産取引」を行うための法律です。

 

 

宅地建物取引業法(宅建業法)問題の特徴

宅建試験50問のうち、宅建業法から20問も出題される最重要科目です。

 

宅建業法は出題範囲が狭い

 

ワカケン
ワカケン

「宅建の資格」は不動産取引の仕事をする人のための資格です。

 

不動産取引を行うための法律が「宅地建物取引業法」です。

 

そのため宅建の試験では最重要科目という位置づけになっていて、50問中から20問も宅建業法で出題がされます。

 

毎年同じような問題が少し表現を変えて出題される

 

宅建業法という狭い範囲の法律から20問も出題されるので、どうしても毎年おなじような問題が出題されています。

 

宅建の試験は「4肢択ー」の問題ですが、
・ある年では「正解はどれか?」
・別の年では「誤りはどれか?」
など、過去問題を何年ぶんかやると、同じ問題?と思うものを見ます。

 

20点満点が目指せる理由

 

「宅建業法」は狭い範囲から20問も出題がされるので、毎年の出題傾向が決まっています。

過去問題を「丸暗記」するくらいまでしっかり覚えて、法改正をチェックすれば高得点が狙えます。

20問満点も狙える科目ですが、最低でも17点くらいは正解したい科目です。

 

ワカケン
ワカケン

宅建業法でしっかり点を取ることが「試験に合格する」必須条件です!

 

宅建業法の勉強方法のコツ「同じことを繰り返す」

 

ワカケン
ワカケン

勉強するほど点数が取れるので自信もつく科目です!

 

親や友人などで家を買ってる人がいれば、土地付き建物(戸建)の重要事項説明書と契約書を見せてもらえると良いですね!
ちゃんと作られている重要事項説明書や契約書に「何が書いてあるか」勉強になります。

 

 

テキストをしっかり読み込む

 

ワカケン
ワカケン

はじめて宅建の勉強をする人だと「不動産用語」から慣れないといけません。
いきなり過去問題をやっても意味がわからないので、まずはテキストを読んで不動産用語に慣れましょう!

 

 

 

過去問題をやりながら不動産用語に慣れてきたら、宅建業法の部分は丸暗記くらい読み込むと高得点が取れます!

 

 

とにかく過去問題を解く

 

ワカケン
ワカケン

テキストを読んで不動産用語になれたら「過去問題」をやりましょう!

 

 

実際の試験も紙なので、本などの紙で問題を解くのがオススメですが、通勤や通学時にはやりにくいので、そういう場合にはWEBやアプリもオススメです。

 

https://takken-siken.com/kakomon.php
「宅建試験過去問道場」は、宅建試験過去問題集の決定版を目指すクイズアプリです。
H12(2000年)から令和3年(2021年)までの計22年分1200問(最新法令対応済)を様々な形式で出題でき、アカウントを作成すれば学習履歴の記録も可能です!
徹底したアウトプット学習で宅建試験の短期合格を目指しましょう。
ユーザー登録者数23,500人を突破しました!

 

ワカケン
ワカケン

宅建業法で高得点を取る方法は、「とにかく問題をたくさん解く!」です。

 

You Tube

 

今はユーチューブなどで有料級の動画が「無料」でたくさん公開されてます。

有名な方々がいるので、何本か見て好みにあう人を登録すると良いですね。

 

You Tube【 宅建みやぎ塾 】

宅建みやざき塾

宅建業界では1番有名で、現在は日建学院の講師をされている「みやざき先生」のYoutubeチャンネルです。

宅建みやざき塾
宅建みやざき塾をご視聴いただき心より感謝申し上げます♪ 確実に合格できる!高得点合格できる! 本気で合格を目指すなら、宅建みやざき塾。 【チャンネル登録 65,000名様! ありがとうございます(^^)v】 一緒にがんばって、絶対に合格しましょう! STORES宅建みやざき塾 自宅学習教材セット販売中 最新版動画...

 

棚田行政書士の不動産大学【公式チャンネル・宅建】

棚田行政書士の不動産大学【公式チャンネル・宅建】

宅建のYou Tubeでは登録者が1番多いチャンネルです。

完全独学だけで行政書士をはじめ9つの資格を仕事をしながら合格。
現在は不動産会社の顧問や、不動産関連の原稿を執筆する会社の経営などを手掛けています。

棚田行政書士の不動産大学【公式チャンネル・宅建】
完全独学で法律系資格9個合格できた私が、法律知識ゼロ、不動産経験ゼロの超初心者の方でも「宅建一発合格」できるよう、テンポよく、楽しく、わかりやすく、をコンセプトに毎日18時に配信しています。 【主な配信内容】 ・問題集丸ごと暗記法 ・問題集の選び方 ・問題の解き方 ・法改正情報 ------------------...

 

マジでイケてる宅建講座【ゆーき大学】

マジでイケてる宅建講座【ゆーき大学】

とてもわかりやすいと評判の【ゆーき先生のプロフィール】

慶應義塾大学経済学部卒業
国家公務員一種試験合格
司法試験合格
最高裁判所司法研修所修了 弁護士登録(2010〜2021)
オンラインスクール開講(2020〜)
宅建に一発合格(2017年)
行政書士に一発合格(2020年)

マジでイケてる宅建講座【ゆーき大学】
ご訪問ありがとうございます。 このチャンネルでは 宅建合格に役立つ話をできるかぎり、 わかりやすく配信しています! 資格試験の受験経験のない初学者のかたに 特におすすめです。 20歳から資格試験にチャレンジして 多くの失敗がありました。 法律が全然わからない、 成績があがらない、 つらくて授業に行かなくなる…。...

 

 

宅建業法を勉強するときの注意点

宅建業法は過去問題をたくさん解くと正解がしやすい科目ですが、すこしだけ注意点があります。

 

宅建業法の法改正は出題される

 

問題の前提となる宅建業法の「法律が改正されて変わる」ことがあります。

 

宅建業法の法改正は毎年少しづつされてはいますが、大きな法改正があると宅建試験で出題がされます。

その場合だと10年前などの過去問題だと、「正解が変わる」ことがありますので法改正は要チェックです。

 

直近の過去問題や、最新のテキスト、予想問題集などでチェックしましょう。

 

 

 

正しいもの(誤っているもの)は、いくつあるか?

 

宅建の問題は【4肢択一】で、基本的は「正しいものはどれか?」、「誤っているものはどれか?」という出題のされ方です。

 

宅建業法の問題では、つぎのような出題が多くあります。
・正しいものはいくつあるか?
・誤っているものはいくつあるか?

 

「正解はどれか?」の場合には、正しい答えを1つ見つければ正解になりますが、「いくつあるか?」の場合には4肢すべてを正解しなくてはいけません。

 

ワカケン
ワカケン

繰り返しになりますが、問題をたくさん解いて「慣れて」「覚える」と高得点が取れますよ!

 

 

宅建業法で毎年出る問題

宅建業法は範囲が狭いので毎年出題される問題が決まってます。

そのなかで特に出題されやすい問題は次の内容です。

 

・宅地建物取引業の免許(区分、申請、基準、欠格事由)
・宅建士制度
・広告規制
・媒介契約、代理契約
・35条書面 (重要事項説明書のこと)
・37条書面 (契約書のこと)
・8種制限 (売主が宅建業者の場合の8つの制限)
・クーリングオフ
・報酬
・保証協会・営業保証金
・監督処分
・住宅瑕疵担保履行法

 

 

ワカケン
ワカケン

繰り返しになりますが、問題をたくさん解いて「慣れて」「覚える」と高得点が取れますよ!

 

 

宅建の合格率を上げる【人気の通信講座 5選】

宅建の試験はしっかり自己管理ができる人なら「独学」でも合格できますが、自信がない人は学校に通ったり、通信学習で勉強するのがおススメです。

合格する確率は格段に上がりますよ!

 

フォーサイト

画像出典:要点を絞った教材が人気!フォーサイトの宅建講座

フォーサイトの合格率は82% 全国平均合格率の3.92倍です!

宅建試験の合格までには、一般的に6か月程度の学習期間が必要と言われていますが、フォーサイトの宅建講座なら3か月で合格されている方もいます。

バリューセット3は【 全額返金保証制度 】が適用されます。

詳細・公式サイトはこちら

 

スタディング

スタディング宅建講座

【時間がなくてもOK】スマホ・PC・タブレットで学べるため、日々忙しく勉強時間の取りづらい社会人・主婦・学生などの方に向いています。

低価格で経済的負担も少ないです。

【見やすく分かりやすい】授業風景を録画しただけなのではなく、映像講座として専用のフォーマットで編集された講座は、視覚的で理解しやすいと好評です。

詳細・公式サイトはこちら

 

アガルートアカデミー


画像出典:【アガルート】宅建士講座・ゼロから始めて1年合格!

◆アガルートアカデミーが選ばれる理由◆

令和3年度の合格率43.7%(全国平均の2.47倍)

1.多機能な受講システム オンライン講座なので場所、時間問わず、無駄なく受講できます。
・倍速再生(8段階速度調整、かつ最大3倍速)
・音声ファイルのダウンロード可能(ネット環境を気にせず学習可能)
・マルチデバイス(パソコン/スマートフォン/タブレット)対応

2.講師作成のオリジナルテキスト 申込後お手元にテキストが届き、スムーズに学習を開始できます。
内容は講師自ら出題傾向を分析し合格に必要な情報を詰め込みました。

3.通信講座ならではの充実したフォロー Facebookグループによる質問対応、定期カウンセリング、直接指導など、 通信講座でも受験生をしっかりフォローします。

詳細・公式サイトはこちら

 

スタケン宅建講座

スマホで完結するWEB通信講座『スタケン宅建講座』 

スマートWEB通信講座【スタケン宅建講座】(以下、スタケン)は、 スマートフォンで気軽に勉強ができる動画講義型の宅建講座です。

いつでもどこでも気軽に学習に取り組める環境が最短距離での宅建合格をサポート。

しかも、合格者には「講座代金全額返金」の合格特典つきです!

▼講座サンプル https://youtu.be/zl2_uT8hUxI

詳細・公式サイトはこちら

 

資格対策ドットコム


画像出典:資格対策ドットコム 

年間14万人以上で利用されているeラーニングサイト【資格対策ドットコム】

「FP」、「宅建士」等、受験者数が多い人気資格を中心に、eラーニング中心講座を販売しています。
WEB活用による効率化で『低価格+充実の講座内容』を実現しました。

受講中の疑問点については、質問メール受付サービスで充実のサポートを行っており、 丁寧な回答しますので、初心者の方でも難なく問題点を解決、合格へ導きます。

詳細・公式サイトはこちら

 

まとめ

宅建の試験は、正しい勉強方法で一定期間の勉強をすれば「誰でも合格できます!」

 

宅建業法は例年20問が出題され、ここで点数が取れるかどうかで宅建試験に合格できるかが決まる【最重要な科目】です。

 

宅地建物取引業法(宅建業法)とは、
宅地建物取引の仕事をする(一般的には不動産会社)場合に、免許制度にして特定の基準を満たしている場合でなければ営めないようにしています。

 

土地や建物など高額な商品を取り扱うので、次の事を規制し「国土交通省」が監督しています。

✅ 宅地建物取引業を営む資格があるか
✅ 消費者を保護する
✅ 公正な取引をしているか
✅ 規制を守らない場合の罰則

 

ワカケン
ワカケン

消費者にとって「安全で公正な不動産取引」を行うための法律です。

 

 

宅建業法は毎年同じような問題が少し表現を変えて出題される

 

宅建業法という狭い範囲の法律から20問も出題されるので、どうしても毎年おなじような問題が出題されています。

 

宅建の試験は「4肢択ー」の問題ですが、
・ある年では「正解はどれか?」
・別の年では「誤りはどれか?」
など、過去問題を何年ぶんかやると、同じ問題?と思うものを見ます。

 

「宅建業法」は狭い範囲から20問も出題がされるので、毎年の出題傾向が決まっています。

過去問題を「丸暗記」するくらいまですっかり覚えて、法改正をチェックすれば高得点が狙えます。

20問満点も狙える科目ですが、最低でも17点くらいは正解したい科目です。

 

ワカケン
ワカケン

宅建業法でしっかり点を取ることが「試験に合格する」必須条件です!

 

宅建業法で高得点を取る方法は、「とにかく問題をたくさん解く!」です。

 

宅建業法は過去問題をたくさん解くと正解がしやすい科目ですが、すこしだけ注意点があります。

 

宅建業法の法改正は毎年少しづつされてはいますが、大きな法改正があると宅建試験で出題がされます。
その場合だと10年前などの過去問題だと、「正解が変わる」ことがありますので法改正は要チェックです。

 

>> 不動産業界特化型転職エージェント【リアルエステートWORKS】 
キャリアパートナーのうち、半数以上が不動産業界出身者です。

>> 不動産業界専門の転職エージェント【RSG Real-Estate Agent】 
【月収UP率99%以上/年収1.2倍〜1.5倍UPへ】
求職者の代わりにキャリアコンサルタントが、企業側としっかりと条件交渉を行います。

>> 不動産業界/宅建士の求人・転職・募集なら【宅建Jobエージェント】
宅建の資格がない方や、未経験で不動産業界に興味がある方まで幅広くサポートいたします。

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました