「賃貸仲介の管理や営業」の仕事【不動産業へ就職や転職を考えている方へ】

不動産の仕事
不動産の仕事不動産仲介不動産業界へ就職や転職を考えている方々へ

 

こんにちは。 運営者の「ワカケン」です。

 

【不動産業へ就職や転職を考えている方へ不動産業の解説を】
「賃貸仲介の管理や営業」の仕事

 

 

不動産業の賃貸に関わる仕事には大きく分けて、
「管理」と「営業」の仕事があります。

 

また、賃貸の管理には主に
「サブリース」「自主管理」「管理委託」、の3種類があります。

 

サブリースとは、所有者の大家さんから不動産会社が期間や金額などを定めて一括で借り上げます。

その後に不動産会社が貸主となり一般のお客様へ貸し出します。

大家さんのメリットは、不動産会社に一括で貸しているので、空室の状態でも決まった家賃が入ります。
デメリットは、空室のリスクを不動産会社が負担しているので、借り上げる賃料は相場よりも安くなります。

自主管理とは、所有者の大家さんが土地と建物に関しての管理は全てを自分で行い、
不動産会社には入居者の募集や契約業務、退去に関わる事務手続きなどのみを依頼します。大家さんのメリットは、不動産会社に管理を委託しないので、管理料が発生しません。
デメリットは、管理に関わる仕事を全て自己責任で行わなくてはいけませんので、
相当量の仕事が発生します。

 

ここからは、管理委託に関しての解説をさせて頂きます。

 

>>不動産業界特化型転職エージェント【リアルエステートWORKS】 
キャリアパートナーのうち、半数以上が不動産業界出身者です。

>>不動産業界専門の転職エージェント【RSG Real-Estate Agent】 
【月収UP率99%以上/年収1.2倍〜1.5倍UPへ】
求職者の代わりにキャリアコンサルタントが、企業側としっかりと条件交渉を行います。

>>不動産業界/宅建士の求人・転職・募集なら【宅建Jobエージェント】
宅建の資格がない方や、未経験で不動産業界に興味がある方まで幅広くサポートいたします。

 

不動産管理委託契約

 

物件を所有している大家さんと、管理を行う不動産会社との間で
『不動産管理委託契約』を結び、どのような管理を行うかを決めます。

 

具体的には下記の内容を取り決めます。

・不動産会社が委託を受ける管理の内容
・管理の費用
・期間
・契約を解除する方法

などを定めます。

 

>>【成功しやすい転職の方法】と【おすすめのエージェント会社10選】

賃貸用不動産の管理の仕事

 

不動産管理に関わる内容の具体的な仕事は、主に以下の内容になります。

 

・入居者の募集に関わる仕事の全般。
・家賃の集金、大家さんへ支払い。
・滞納者へ督促、家賃保証会社へ連絡。
・敷地内や共用部の点検や清掃。
・建物や設備の法定点検や日常点検などメンテナンスの代行。
・入居後のアフター、クレーム対応。
・退去や更新に関わる事務手続き。
・退去後の原状回復やリフォームの手配。

 

正式には、
「入居募集業務」
「集金代行業務」
「入居管理業務」
「清掃業務」
「設備管理業務」
と言います。

 

一般的に賃貸の管理を行う会社では、社長1人やプラスで社員もう1人などの規模の会社で、管理している部屋数が100室から300室程度。

もう少し社員のいる会社で300室から1,000室程度。

県内にいくつもの店舗をかまえるような地元の大きな会社で3,000室から、大きい会社では30,000室などにもなります。

 

ワカケン
ワカケン

管理している全ての部屋や店舗や駐車場なので、
管理に関わる仕事が発生します。

不動産の賃貸管理業はとても細かい仕事が沢山ある業務です。

 

>>【成功しやすい転職の方法】と【おすすめのエージェント会社10選】

管理の新規獲得の営業

 

管理する部屋を増やそうとする不動産会社の場合には、賃貸用の不動産を所有している大家さんへ、管理をさせてもらうための営業活動を行います。

 

具体的な営業は次の内容になります。

 

・他社で募集中の部屋の大家さんへ、自社での募集をさせてもらうアプローチ。
・既存の大家さんから別の大家さんを紹介してもらう。
・規模を拡大してる大家さんへ、新しく物件を買ってもらうための物件紹介。

などです。

 

ワカケン
ワカケン

店舗数や社員数がしっかりといる会社の場合には、新規の管理獲得の営業はとても積極的に行っています。

 

>>【成功しやすい転職の方法】と【おすすめのエージェント会社10選】

商業用不動産のリーシング

 

居住用の不動産ではなく事業用の不動産の場合には別な仕事もあります。

ビルや店舗や事務所や倉庫などの商業用不動産の場合には、「リーシング」と言う仕事です。

 

具体的には、

・市場や立派の調査などを行うマーケティング。
・募集するテナントの構成や賃料などの企画。
・テナントを誘致するための営業。

などがあります。

 

ワカケン
ワカケン

差別化がされた魅力のある商業施設にするためには、優れたリーシングが必要です。

 

入居者の募集、ご案内、契約

 

実際にお部屋を借りたい方を募集する仕事は次の内容です。

 

・広告用の撮影、間取り図の作成。
・インターネット広告に出稿や更新。
・内見を希望されるお客様の反響対応。
・お部屋のご案内。
・契約の詳細や、諸費用などの説明。
・重要事項説明、賃貸借契約。鍵の引き渡し。

などです。

 

一般的には「客付け」と言われている仕事の内容になります。
お部屋に、借りるお客様を付ける。という意味です。

 

客付けだけでもボリュームの多い仕事内容ですので、客付けを専門に行う会社や、専門の社員を配置している会社も多くあります。

 

>>【成功しやすい転職の方法】と【おすすめのエージェント会社10選】

まとめ

・賃貸の仕事には「管理」と「営業」の仕事があります。
・管理には大きく分けて、「サブリース」、「自主管理」、「管理委託」の三種類があります。
・管理に関わる仕事は、とても細かな仕事が沢山あります。
・管理を増やすための営業の仕事があります。
・お部屋の募集に関わる仕事もボリュームがあります。

 

あわせて読みたい

 

>>不動産業界特化型転職エージェント【リアルエステートWORKS】 
キャリアパートナーのうち、半数以上が不動産業界出身者です。

>>不動産業界専門の転職エージェント【RSG Real-Estate Agent】 
【月収UP率99%以上/年収1.2倍〜1.5倍UPへ】
求職者の代わりにキャリアコンサルタントが、企業側としっかりと条件交渉を行います。

>>不動産業界/宅建士の求人・転職・募集なら【宅建Jobエージェント】
宅建の資格がない方や、未経験で不動産業界に興味がある方まで幅広くサポートいたします。

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました